このサイトについて
冷たい風が吹き、美しかった紅葉が去っていくころ、山形にも雪が降り始めます。その美しい結晶は、一面を真っ白に彩り、太陽の光をさらに輝かせる冬の魔法。雪があるから遊び、雪があるから寄り添い、雪があるから山形は輝いていきます。楽しい雪の世界「いきいき雪国やまがた」へようこそ。
山形の冬
山形の冬

平成28年11月25日(金)、「住んでよし、訪れてよし」の
活力ある雪国(=“いきいき雪国やまがた”)の創出を目指し、
各界・各層の参画のもと、「いきいき雪国やまがた県民会議」が設立され、
「いきいき雪国やまがたづくり宣言」が採択されました。

雪国の暮らしには、降雪による生活上の厳しさが伴う一方で、
雪国だからこそ育まれてきた豊かな文化や地域の魅力、
また、雪を資源として活用する発想も多くあります。

「いきいき雪国やまがた」実現のためには、
雪のマイナス面を受け止め、安全・安心な暮らしを確保するとともに、
雪をプラスの資源として捉え、雪に親しみ、雪を活用していくことが重要です。
いきいき雪国やまがた県民会議は、そのような観点から、

①安全・安心に対する意識向上
②雪の魅力の再認識
③雪の利活用の促進

の3つの柱に基づいて、県民の皆様に対する情報発信と、
普及啓発を進めてまいります。