雪害事故データ

【過去5箇年の雪害事故発生状況】

○雪害事故件数(死亡・重傷・軽傷)

平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度平成28年度
死亡143735
重傷9263802467
小計10666872772
軽傷6136522120
合計1671021394892

(単位:人)

○事故原因別件数

平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度平成28年度
転落10063962158
落雪201116614
転倒2313111511
除雪機16131357
その他82312
合計1671021394892

(単位:人)

過去5箇年の雪害事故発生状況

 原因別の被害状況を見ると、屋根の雪下ろし中の転落事故が最も多く割合を占めており、安全な雪下ろし作業が重要となっています。
 雪害事故は、除雪作業が集中する1月下旬~2月上旬に多く発生していることから、特に注意が必要です。県では、この時期を「雪害事故防止週間」として設定し、注意喚起を強化しています。
雪下ろしの際は、7つのポイントを確認いただき、安全な作業を心がけてください。

平成30年1月19日(金)から2月28日(水)は、雪害事故防止週間です!!

山形県では、屋根からの落雪や雪下ろし中の転落事故が発生しやすい状況になったことをお知らせする「雪下ろし・落雪事故防止注意喚起情報」を県ホームページ「こちら防災やまがた!」で発信しています。